レコンキスタ発祥の地!スペイン・イベリア半島『オビエドの世界遺産を観光!』

海外

レコンキスタ発祥の地!スペイン・イベリア半島『オビエドの世界遺産を観光!』
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

オビエドとアストゥリアス王国の建築物群

オビエドはスペインのイベリア半島北部・アストゥリアス州に位置します。

8世紀にキリスト教徒が建国したアストゥリアス王国を起源とする「レコンキスタ」発祥の地でもあるんですよ。

この時代に建設された教会群は貴重な世界遺産として今もなお残され、この街のメイン観光スポットとなっています。

今回はそんなオビエドの世界遺産を中心に、観光スポットを紹介していきますよ。

王国の聖遺品を祀る大聖堂「オビエド大聖堂」

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

こちらの大聖堂はオビエドの旧市街の中心にあり、9世紀当時の国王・アルフォンソ2世がトレドから持ち出された西ゴート王国の聖遺品を祀る大聖堂「カマラ・サンタ」を建設したのが始まりとされているようです。

14世紀から16世紀にかけたゴシック様式での増築で、内部はフランボワイヤン・ゴシック様式の重厚な造りで見応えありますよ。

1936年から1939年のスペイン内乱で破壊され再建されたもので、1998年に「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建築物群」として世界遺産登録を受けていますね。



スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

サン・サルバドル大聖堂は9世紀に建てられ、14世紀からゴシック様式で増築された。

レコンキスタ発祥のこの地の革新的なプレロマネスク様式スタイルは、その後のイベリア半島の宗教建築に重要な役割を果たした。

その最高の成果は、サンタ・マリア・デル・ナランコ、サン・ミゲル・デ・リヨなどの教会に見られる。

出典 http://www.ab-road.net

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

14世紀から16世紀にかけて作られました。

スペイン内乱で破壊されましたが、今は再建されています。

内部はは9世紀に作られた聖遺物を守る聖堂があります。

内部は重厚でゴシック様式の様子が見えます。外観は歴史を感じさせます。

出典 http://4travel.jp

ひっそり建つプレ・ロマネスク教会「デ・リーリョ教会」

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

世界遺産に登録されている「アストゥリアス王国の教会」の2つ目は、市街北郊の緑豊かな山・ナランコ山にたたずむ教会になります。

9世紀に当時のアストゥリアス王・ラミロ1世により離宮の礼拝堂として建設された建築物で、細長い身廊やプレ・ロマネスク式の石格子窓が特徴的なんです。

ひっそりと建っておりそれほど大きな教会じゃありませんが、外から見ると角度によって違った姿を見ることができるんですよ。

国王ゆかりの教会、その存在感を間近に感じてみてくださいね。

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

この山にある2つの聖堂は9世紀に建築されたもので、王の住まいともなったサンタ・マリア・デル・ナランコ教会とサン・ミゲル・デ・リーリョ教会である。

これら2つの教会は、後のスペイン聖堂建築に大きな影響を与えた独特のプレ・ロマネスク建築様式となっている。

民家の間を通り抜け、細い山道を上っていく行程は、熊野古道への導入路を彷彿とさせるものを感じた。

付近一帯には老人ホームや遊歩道が整備され、夜はライトアップもされるため、市民の憩いの場所として親しまれている。

出典 http://www.wsk.or.jp

2つの建築様式で建てられた「プラードス教会」

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

この教会は、Santullano(サントゥジャーノ) という名でも知られる9世紀初めに建設され、聖殉教者ジュリアンに捧げられたと言われています。

特徴的なのは、2つの鐘、プレ・ロマネスクの雰囲気を感じられる窓が設けられて、ローマの影響を受けたフレスコ画の姿もあります。

一方アプス(壁面に穿たれた半円形)のトンネル・ヴォールト(アーチを平行に押し出した形)、ナルテックス(聖堂に設けられる正面入口と身廊本体の間)によりはっきり分かれた内陣などは西ゴート王国(5世紀からイベリア半島周辺を支配した王国)の建築様式で、これらの違いを見てみるのも”なるほど!”となりますよ。



スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

ティオダの最後の作品とされるサントゥジャーノ(またはSan Julian de los Prados)。

半島における同時代最大の教会堂で、方形のアプス、切石積み、柱頭も柱基ももたない外陣の角柱、アプスのトンネル・ヴォールト、ナルテックスによる内陣の明確な分離、縄をモチーフとして使った窓飾りなど、明らかに西ゴート建築からの延長上にあるが、控え柱を備え、壁面から天井まで、絵画的装飾を施すというロマネスク手法の先取りをしている点で注目される。

出典 http://d.hatena.ne.jp

アストゥリアス王の離宮「デル・ナランコ教会」

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

ナランコ山という斜面に建てられていて842年建設の教会になります。

世界遺産「アストゥリアス王国の教会」の1つです。

当時のアストゥリアス王・ラミロ1世が自身の離宮として建設したものらしく、10世紀初頭から11世紀半ばまで教会として使用されていました。

2階部分には見晴らし台や謁見(えっけん)の間、浴室跡が残っており、生活の跡をうかがい知ることができるできますよ。

内部を見学するには見学ツアーの予約が必要ですが、内部撮影が可能なんですよ。

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

スペイン オビエド 観光

出典 http://i0.wp.com

オビエド郊外にあるナランコ山の中腹に、「オビエドとアストゥリアス王国の建築物」として登録されている世界遺産の教会が2つあります。

サンタ・マリア・デル・ナランコ教会とサン・ミゲル・デ・リーリョ教会で、どちらの教も800年代に建てられた美しい建造物です。

また、サンタ・マリア・デル・ナランコ教会はアストゥリアス王の離宮施設の一部(謁見の間)だったものを聖堂にしたと言われています。

出典 http://www.wowow.co.jp



貴重な世界遺産を目に焼き付けて!

ご紹介した今回のスポットのほとんどは郊外にあるんですが、これは街がアストゥリアス革命(1934年)とスペイン内戦(1936~1939)で破壊され古い街並みがほとんど残らなかったためなんです。

各教会まではバスで行くことになるんですが、その後のロマネスク様式に大きな影響を与えた世界遺産の数々は、ぜひご自分の目で確かめて頂きたいですね。

オビエドの美しい街並みが素適です。

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ